人気ブログランキング |

愛人契約

無償でお金を支援してくれる人
「引きこもりなんですよ、基本は」
と、出会い系で声をかけた36歳独身女性は言っていた。彼女は僕との愛人契約を望んでいた。
高校時代はいじめられて、就職してからはモラハラに遭い、そして縁も出会いもないまま30を超えて、周りが次々と結婚していく中、これはヤバいと思っていたが、仕事が忙しすぎ。そもそものめりこむタイプなので仕事以外のことを考えられなくなり、リストラを告げられた時には頭が真っ白になったんです。
・・・と言うような身の上話を始めて、10分が経過しようとしていた。
まあ、お互いのことを知るための話は大切だけどねえ、と思いつつも、早くこのおかっぱのちょっと清ましたような女性をベッドの上でめちゃくちゃにしたいな、などと考えていた僕は次第にイライラとはしてきた。
「再就職もままならず、貰ってくれる男性もおらず、次第に私は親の年金目当てで部屋に引きこもるようになりました」
しかし、話はまだ佳境だった。。。
親にもそうそう頼れずいい加減お金を工面しないと飢え死にしてしまう。しかし、長い引きこもり生活で部屋から出るのは怖い。そんな時に愛人契約と言うものを知ったのだ。愛人になれば生活が保障されるうえに部屋も提供される。基本、部屋から出る必要はなく、その男に抱かれるだけでいい。セックスの経験は浅いが、特に抵抗はない。
「愛人契約こそ、私の希望する再就職先、そして人生の再出発に相応しいと考えたのです」
そう言って彼女は頭を下げた。
僕も確かに愛人が欲しくて募集はしていた。でも、彼女は何か違う。肩をすくめながら上目づかいで僕の反応を見ている彼女に僕はズバリと言った。
「働きたくないだけでしょ?」
「バレましたか・・・」
結局、愛人契約は成立しなかった。するわけないだろ!
お金の無償支援
無償でお金ください
# by rqhk01 | 2019-12-20 12:37 | Trackback | Comments(0)

引きこもりなんですよ、基本は